fugafuga.write

日々のログ

2017-07-01から1ヶ月間の記事一覧

ghq SSHでclone

ghq

ghq get -p <リポジトリ>

Chrome XPath を取得、検証

XPath の取得 ブラウザの検証したい要素を右クリック->検証 検証ツールで選択されている要素の上で右クリック->Copy->Copy XPath XPath の検証 検証ツールのコンソールに$x('<検証したいXPath>')を入力

Rails Capybara 対象を絞り込んでから検証する

Rails の feature spec 書いてるときに調べた。 こうじゃなくて expect(page).to have_content "検証したい文字列" こう expect(find('#element_id')).to have_content "検証したい文字列" 本当に検証できているか意識することが大事 参考 http://qiita.com/…

fish shell rbenv init で setenv: Too many arguments が出る

rbenv の バージョンを上げる(1.1.1)ことで解決 $ brew unlink rbenv $ brew install rbenv --HEAD fish 2.6.0, setenv: Too many arguments · Issue #1010 · rbenv/rbenv · GitHub

zsh 自分用の.zshrcがあったら読み込む

zsh

zshrc の末尾に書いておく [ -f ~/.zshrc.mine ] && source ~/.zshrc.mine 端末を共用している場合などに便利

zsh 予測入力を設定する

zsh

autoload predict-on predict-on history から探して自動的に入力してくれる。 source .zshrc が history にあれば、 s をターミナルに入力した時点で source .zsh まで補完される

zsh history の設定

zsh

zshrc # history histfile=~/.zsh_history histsize=1000000 savehist=1000000 setopt hist_ignore_dups #ignore duplicate command setopt share_history #share command history

tmux 新しいセッションを名前付きで作成

tmux new -s <session-name></session-name>

zsh 補完機能を有効にする

zsh

補完への第一歩

zsh コマンド履歴を絞り込み

zsh

コマンド履歴を絞り込む