読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fugafuga.write

アウトプットする用



yarn を使う

nodejs

react tutorial 関連で出てきたので

yarn とは

npm で使用されている package.json と互換性のある、node module パッケージマネージャー。

めっちゃ早くて、とてもセキュアで、信頼できるらしい。

インストール

brew update
brew install yarn

PATH 通す

.profile, .zsh_rc, etc.. に追記

export PATH="$PATH:`yarn global bin`"

バージョン確認

yarn --version

新規プロジェクト作成

yarn init
yarn init v0.18.1
question name (react_tutorial):
question version (1.0.0):
question description:
question entry point (index.js):
question git repository:
question author (tokoyax <tokoyax@email.com>):
question license (MIT):
success Saved package.json

出来上がった package.json

{
  "name": "react_tutorial",
  "version": "1.0.0",
  "main": "index.js",
  "author": "tokoyax <tokoyax@email.com>",
  "license": "MIT"
}

使い方

パッケージ追加

yarn add [パッケージ名]
yarn add [パッケージ名]@[バージョン]
yarn add [パッケージ名]@[タグ]

パッケージ更新

yarn upgrade [パッケージ名]
yarn upgrade [パッケージ名]@[バージョン]
yarn upgrade [パッケージ名]@[タグ]

パッケージ削除

yarn remove [パッケージ名]

パッケージのインストール

yarn

または

yarn install

所感

Hadoop 関連で、yarn という名前のなにかがあって、googlability がすこぶる悪い。

(参考) https://yarnpkg.com/en/docs/install

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発

  • 作者: Frankie Bagnardi,Jonathan Beebe,Richard Feldman,Tom Hallett,Simon HØjberg,Karl Mikkelsen,宮崎空
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/04/03
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

いまから始めるWebフロントエンド開発

いまから始めるWebフロントエンド開発