fugafuga.write

日々のログ



Perlを知らない人が YAPC::Asia 2015 に参加してきた(2日目)

続・エンジニアのお祭りに参加してきました。

f:id:tokoyax:20150824180903j:plain

2日目 8/22(Sat)

- ISUCONの勝ち方

優勝賞金100万円の ISUCON についてのお話。

Iikanjini Speed Up Contest の略みたいです。

ISUCON で勝つために気をつけていたほうが良いことを話されていました。 パフォーマンスチューニングで役に立つノウハウが沢山紹介されていて、うなずきマシーンと化していました。

制限時間は7時間だそうですが、私からするととても短い印象を受けました。 いつか参加してみたいコンテストです。

- サーバーサイドエンジニア(特にPerl)のためのiOSアプリ開発入門

以前から気になっていた、Swift のセッション。

Perl と Swift を比較しながら、書き方の違いを説明されていました。 ライブコーディングをされてたんですが、少し手間取っていました。

- ランチセッション

長蛇の列で参加できず!!

1日目と同じ部屋で無限弁当を頂きました。

f:id:tokoyax:20150824180843j:plain

- Adventures in Refactoring

リファクタリングについてのセッションでした。

一度同時通訳無しで英語のセッションを聴いてみようと思い、途中から通訳無しで聴いていました。 結果、2割程度しか理解できず。。。英語力を鍛えようと思った次第です。

- 【特別企画】YAPCあるある(仮)

いつも聴いている Podcast が合体したようなセッションでした。 YAPC を振り返って感想を話していくという内容で、ただのファンとしてトークを楽しみました。

セッション終了後、@yusukebe さんが前を歩いていたんですが、声をかける勇気がなかったので心のなかで拝んでおきました。

そして新幹線の時間が迫っていたので、ここで会場を後にしました。

まとめ

私は技術的に凄いわけでも、輝かしい経歴を持っているわけでもありませんが、YAPC を楽しむことができました。

はじめは、「YAPCというカンファレンスはスーパーハッカーの集まりで、自分は場違いなんではないか」という不安がありました。 それは間違いで、行ってみると場違い感などは感じませんでした。 運営スタッフ、主催の方々の尽力のおかげだと思います。最大限の感謝を。

また、この「楽しんだ感」を享受しているだけでは無く、何らかの形でOSSコミュニティに返していきたいと思いました。 コミュニティに参加するということは、自分自身もコミュニティを構成する一部となるということなので、 立ちふるまいや言動も少なからず影響を与えることを自覚しつつ、OSS活動を楽しんでいきたいと考えています。

以上!ありがとう YAPC!