fugafuga.write

日々のログ



Vagrant + CentOS6.5 タイムゾーンを日本に合わせる

ずれていたので合わせる

UTCになっているので、JST にしたい。

$ date
Mon May 11 13:40:55 UTC 2015

協定世界時(きょうていせかいじ、UTC、英語: Coordinated Universal Time、フランス語: Temps Universel Coordonné[1][注釈 1])は、国際原子時 (TAI) に由来する原子時系の時刻で、その名の通りに世界時の UT1(したがって地球の自転)に歩調を合わせるように調整された基準時刻を指す[2]。

/etc/localtime の編集

CentOS のタイムゾーンの設定は、/etc/localtimeに設定されている。
バイナリ文字列が入っているため、stringsコマンドで中身を確認できる。

タイムゾーンの設定は、このファイルを直接変更するのではなく、JSTの設定があらかじめ、/usr/share/zoneinfo/Japanとして用意されているので、これをコピーする。

root で作業。

# cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
# date
Mon May 11 23:04:35 JST 2015

/etc/sysconfig/clock の編集

ZONE="Etc/UTC"
↓
ZONE="Asia/Tokyo"

確認

# date
Mon May 11 23:04:35 JST 2015

(参考)
Vagrant の CentOS 6 の時計時刻や表記を日本対応させる手順 | WEB ARCH LABO
実践でも役立つLPICドリル(8):Linux時刻管理の仕組みと設定 (1/4) - @IT