fugafuga.write

日々のログ



render の cached オプションを development 環境で有効にする

本番環境で再現して、開発環境で再現しないバグに出会ったときの話。
問題はページキャッシュだったので、開発環境でキャッシュを有効にしたかった。

原因はrenderメソッドのオプションcached: true

キャッシュ有効化の方法は、Rails 5ならこれでいける

rails dev:cache

コマンドを実行するたびに on と off が切り替わる模様。

Rails 4でのやり方は調べていない。

スプリントレビューとリリースの関係について

  • スプリントレビューに合格しなければ リリースできないという固定観念をなくす
  • リリースはいつしてもよい
  • スプリントレビューはフィードバックを得る場所として機能させる
  • フィードバックが必要になりそうなタスクはスプリントレビュー対象にする